妊娠中の糖尿病リスク

妊娠中の糖尿病リスク

妊娠中の糖尿病リスク

糖尿病は男性でも女性でも発症する病気ですが、女性のみが発症リスクのある糖尿病のタイプもあります。
それは、妊娠中に起こる糖尿病です。それを『妊娠糖尿病』と言います。

 

妊娠前はいたって健康体だった人でも、妊娠を機に血糖値が上昇し、糖尿病を発症するリスクがあります。

妊娠してから糖尿病になるのは12%というデータもあります。

 

妊娠糖尿病になると、妊娠高血圧症候群や難産になることもあるので非常に注意したい病気です。
ですが、一般的な糖尿病と同様に、妊娠中においても自覚症状がほぼありません。そのため、気付かぬうちに発症に至ってしまうことがあります。

 

初期段階には、頻尿・疲労感・体重の急激な変動などがありますが、これらの症状は妊娠中の体調不良として片づけてしまい、気付くのが遅れることもあります。
実際、人死因中は子宮が圧迫されることえ頻尿になることがありますし、体重は急激に増えたり悪阻で減ってしまうこともあります。また、体の変化から、疲労感などの不調も出てきます。

 

しかし、その症状を単純に妊娠中の症状として見逃してしまい、糖尿病を発症すると、とても危険です。
妊婦さんの体にも負担になりますが、お腹の中ちゃんの赤ちゃんにも悪影響をもたらしてしまいます。

 

一般的な糖尿病と同様に、何らかの異変や症状が出た時や、身内に糖尿病の人がいる場合は主治医に相談し、糖尿病検査を受けてみましょう。

 

また、未然に妊娠糖尿病を防ぐために、食生活や運動など生活習慣に気を付けましょう。
妊娠したからといって暴飲暴食したり、運動不足にならないようにしてください。

糖尿病サプリの人気ランキング!