糖尿病とお酒の関係

糖尿病とお酒の関係

糖尿病とお酒の関係

糖尿病に関係しているのは食事ですが、その中に「お酒」も含まれます。
毎晩のように飲む方、飲み会が多い方は、そのお酒が血糖値を高めている原因かもしれません。食事をコントロールしていても、飲酒の習慣が高血糖を誘発します。

 

ビールや日本酒、ワイン、チューハイ、どのようなお酒も糖質を含んでいます。
とくにチューハイや果実酒は、シロップや果汁によって糖質も多いお酒です。

 

最近は、「糖質ゼロ」や「カロリーオフ」を謳ったお酒も増えていますが、そこには落とし穴があります。いずれも、糖質やカロリーを含んでいないわけではありません。
高血糖で糖尿病予備軍の方は、意識的にお酒は控えるべきですが、場合によっては飲んでも構いません。
そこは主治医と相談してください。もしOKが出たときには、どのくらいのお酒を飲んでも良いのかも確認しておきましょう。
目安としては1日20g(純アルコール)以内までが一般的です。ビールに換算すると、500mlくらいです。

 

ちなみに、ブランデーやウィスキーは糖質を含んでいませんが、インスリンを抑えてしまいます。
食事を減らしてお酒だけ飲んでも、アルコール自体がインスリンを抑制する作用があるので逆に低血糖になってしまうリスクがあります。

 

また、お酒を適度に飲む場合も、つまみに気を付けてください。
つまみを食べることでその中に糖質が含まれていて高血糖になることがあります。

糖尿病サプリの人気ランキング!

糖尿病

白井田七の特徴

薬効人参のひとつ田七人参はサポニンなどが豊富に含まれていて、血行促進効果の他、活性酸素の除去や血圧の降下作用、免疫力アップ、血流改善など健康をトータルでサポートします。

 

厳選した田七人参を使用していて、価格は3,980円(1瓶120粒入り)です。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 1瓶120粒入り
白井田七の総評

口コミ
血糖値改善のために飲み始めましたが、他の数値にも変化があらわれ、体の調子が良くなったという自覚もあります。ほんのりとクセはあるもののコレを飲んでいると体の調子が良いので続ける予定です。
私も旦那も良い年齢になり血糖値が高めと診断され、白井田七を始めました。以前は他のサプリを飲んでいましたが、やはり実感力が違います。最近では数値も安定してきて、正直サプリにここまで効果があるとは驚いています。
価格は高めですが実力派のサプリメントです。毎日スッキリとして体が軽く感じますし、血糖値などの数値も下がってきました。

糖尿病

前田の菊芋の特徴

大阪大学での検証結果があり、血糖値やHbA1c、体脂肪や腸内環境などの改善に効果的です。

 

菊芋のイヌリンを主成分に使用しているサプリメントで、価格は初回9,600円(1箱60包入り)です。

価格 9,600円
評価 評価4.5
備考 初回
前田の菊芋の総評

口コミ
「天然のインスリン」に惹かれて買ってみました。体に負担をかけずに血糖値を改善出来そうで期待しています。
飲み始めてまだ2週間ですが検査結果で血糖値に変化が見られました。今後も続けて、将来の健康のためにも努力していきたいです。
先日の健康診断で糖尿病予備軍と言われてしまいましたが、これを飲み始めてから血糖値が基準値まで下がり、お医者さんにも褒められました。今のところ薬を飲まなくてもサプリと食事療法で十分に効果を感じています。

糖尿病

鹿角霊芝の特徴

主成分であり商品名にもなっている鹿角霊芝は生薬としても活躍し、βグルカンが豊富い含まれています。免疫力アップや内分泌、代謝、神経系、血管系にアプローチします。

 

鹿角霊芝は通常価格18,000円(1箱30包入り)で販売しています。

価格 18,000円
評価 評価4
備考 1箱30包入り
鹿角霊芝の総評

口コミ
サントリーのサプリメントなので安心です。粉末タイプですが思ったより飲みやすかったです。
風邪をひきやすく体調が悪い日が続くことがしばしばありましたが、気付けばこれを飲み始めてから体調が良くなりました。
1日1包、毎日欠かさず飲んでいます。体の中から活ry区が出てきたと言いますか、活発になりました。