糖尿病改善の食事療法

糖尿病改善の食事療法

糖尿病改善の食事療法

糖尿病を改善するためには生活習慣の見直しが必要になり、とくに『食事療法』が最も重要です。
普段の食事を振り返ってみると、「糖質を多く摂り過ぎていたかも」「不規則な食事だった」「栄養バランスが悪いと思う」など、バランスの乱れを感じないでしょうか。

 

食生活を改善することは、糖尿病を改善することにつながります。
単純に食事を減らしたりするのではなく、健康的な規則正しい食生活を意識しましょう。

 

3食しっかり食べる

仕事が忙しいなどの理由で、朝食を抜いたり、1日1食で済ませていませるのは体によくありません。
健康の基本として、1日3食しっかり食べるようにしましょう。
1日1食で一気に食べるとその分、血糖値が急激に上昇して肥満も誘発します。
血糖値をコントロールさせるためにも、バランスよく1日3食規則正しく食べてください。

1食のカロリーをなるべく一定にする

朝はバナナ1本、昼は菓子パン、夜はがっつりラーメンなど、3食にしても1食1食のカロリーがバラついていても血糖値を上昇させてしまいます。安定させるためには、各食事のカロリーや糖質量をなるべく一定にすることが大切です。

よく噛んで食べる

早食いや、あまり噛まずにすぐ飲んでしまうような食べ方は体に良くありません。
咀嚼(そしゃく)回数が少ないと、満腹中枢がなかなか刺激されないため、つい食べ過ぎて血糖値を高めることがあります。
噛む回数を増やすと、自然とお腹いっぱいに感じるのも早くなり、食べる量も抑えられて効率的です。
よく噛んで食べるうちに血糖値もゆるやかに上昇するメリットもあります。

食べ順に気を付ける

「食べる順番ダイエット」というダイエット法が話題になっていますが、これは健康や糖尿病対策にも良い食事方法です。
先にサラダや海藻など食物繊維を含むものを食べてから、メインの料理や主食を食べるようにすると、糖質や脂質の吸収がおだやかになるため、血糖値も急激な上昇が起きずゆるやかに上がります。

 

以上4点が、糖尿病対策・改善のための食生活のポイントです。

糖尿病サプリの人気ランキング!